1. 東京書芸学園ホーム
  2. 新着一覧
  3. 第30回紅霧書展・第33回書藝選抜展ご来場ありがとうございました。

第30回紅霧書展・第33回書藝選抜展ご来場ありがとうございました。

去る10月19日(水)より24日(月)まで、「東京芸術劇場ギャラリー1,2」に於いて「第33回紅霧書展」「第30回書藝選抜展」を開催いたしました。お陰様で好天に恵まれ、全国より多数の方々にご参観をいただき、厚く御礼申し上げます。


連日大盛況の会場風景

今回は初めての会場での展覧となり、合同展として開催された書道展です。出品点数は紅霧書展が140点、書藝選抜展が309点、賛助作品49点の合計、498点を一堂に展示いたしました。今回は作品の大きさを書道部門は半折以内、ペン字部門はB3以内、実務書道部門はA3以内として募集いたしましたので、同じ大きさの作品が並ぶ展示の心配もありましたが、それは初日に一気に吹き飛びました。会場ではどこも躍動感溢れる作品に満ちて、東京書道教育会ここにあり!と叫ばんばかりの迫力となりました。漢字、かな書道、漢字かな交じり、ペン字、実務書道のそれぞれの分野の作品がお互いに引き立て相俟って見事な書道展となりました。連日、全国から大勢の参観者を迎え、先生方と、書友と、さらにご家族で両展を熱心に鑑賞される姿が印象的でした。紅霧書展の作品の質の高さ、書藝選抜展作品の意欲に溢れた力作は見る人を捉えて離しません。ご出品いただいた方々に、改めて厚く御礼申し上げます。


大人気!恒例の作品講評

今回は、かな書道作品の講評を新倉承邨先生、漢字作品を花田龍渓先生、ペン字作品を依田草栄先生、実務書道作品を鈴木景翔先生にお願いして22日(土)、23日(日)の両日に行いました。先生方の的確な講評に熱心に耳を傾ける方々で会場は超満員。予想を超えた参加者の方々に、後方の方は見づらかったのではないだろうかと先生方も心配されました。次回開催の反省点として工夫を加えてまいります。先生方、ありがとうございました。

かな書道作品:新倉承邨先生



漢字部門:花田龍溪先生



ペン字作品:依田草栄先生



実務書道作品:鈴木景翔先生



楽しい集い「祝賀会」

10月22日(土)午後五時半より、会場近くの「ホテルメトロポリタン」で、合同展祝賀会を開催いたしました。祝賀会は2部構成で、第一部は授賞式。紅霧書展、書藝選抜展で栄えある賞に輝いた方々へ先生方から賞状とトロフィーが授与されました。受賞者の皆様に心よりご祝辞を申し上げます。そして第二部の懇親会へ移り、東京書芸学園講師の先生方にもご出席をいただき、和やかな会となりました。途中、両展の最高賞受賞者の方々より受賞の喜びの声をいただき、全員で大きな拍手をお送りして受賞者の方々へ、そして今回の合同展開催を祝しました。会は賑やかなうちに時間も押し迫り、次回の出品を約束する笑顔、笑顔。




本年度の開催、東京書道教育会事務局一同、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。ぜひ、来年もよろしくお願い申し上げます。

Pマーク

このページの先頭に戻る

  1. 東京書芸学園ホーム
  2. 新着一覧
  3. 第30回紅霧書展・第33回書藝選抜展ご来場ありがとうございました。